ガラパゴス ダイビング  

ガラパゴス
ダイビングトラベルニュース TOP → ガラパゴスダイビング                サイトマップ     

ダイブクルーズとホテル滞在型日帰りダイビング

7泊8日クルーズ
ガラパゴス諸島のダイブポイントは60以上の島々の周囲に点在しています効率よく潜るにはダイブクルーズがお勧めです。

島滞在型の日帰りダイブも、観光をかねたい方にはお勧めですゴードンロックでは巨大ハンマーヘッドマンタ、回遊魚の群れが見られます。フロレアーナ島ではアシカともダイブが可能です
初心者の方はゴードンロックははずされることをオススメします

欲張りな方にはペルー マチュピチュ観光との組み合わせもできます。ペルーを前半にもってくるのがオススメです


アクセス
最短ルート    デルタ航空  キト−ガラパゴスはTAME航空
<往路> 日本− アトランタ−キト (夜着 泊)  
        翌日ガラパゴス
<復路> ガラパゴス−グアヤキル(午後着休憩)キト 夜発−
   アトランタ−日本

オススメルート

新キト空港は市内から車で2時間の距離にあり、移動が不便
翌日のガラパゴス移動はほとんど時間がありません
また 霧のため着陸不能のときも多くなっています
マイアミでの乗継が増えますがアメリカ経由グアヤキル1泊
ガラパゴスへ 復路もグアヤキルアウトをお勧めします

ガラパゴスダイブマップ

シーズン
ガラパゴスの気温は赤道直下にあり日差しはとても強いのですが、気温はそれほど高くありません
大別すると5月から12月が乾期、1月から4月が雨期ですが、水温は1月から5月が高くなります
<月別気温>(℃) JAN FEB MAR APR MAY JUN JUL AUG SEP OCT NOV DEC
最高気温 28.0 29.6 30.6 29.5 27.9 26.0 24.6 24.2 24.3 25.3 25.8 26.7
最低気温 24.4 23.2 22.7 22.7 22.1 19.1 19.8 19.1 19.6 19.5 20.4 20.9
ダイブコンディション
5mmのウエットスーツを基本として、フード、ラッシュガードでの調整がベストです。
月別水温(℃) JAN FEB MAR APR MAY JUN JUL AUG SEP OCT NOV DEC
水温 18〜25 16〜20 18〜25
治安
治安は問題ありませんが、貴重品の管理や身辺の安全管理などには充分お気をつけ下さい。
本土との時差
1時間遅れ(キト、グアヤキルは日本から14時間遅れ、ガラパゴス諸島は15時間遅れ)
通貨とクレジットカード
本土と同じくUSドルがそのまま流通しています。主要なクレジットカードは使えますがUSドルのトラベラーズチェック、又は現金の方が広く通用しています。
ガラパゴス諸島への旅の注意点

ガラパゴス諸島のほとんどの島々が国際保護の管理下にあるので自由に上陸することは出来ません。さらに本土からガラパゴス諸島へ向かう国内線は ガラパゴス諸島における滞在先が決まっていないと搭乗できない仕組みになっています。ガラパゴス諸島への旅行を計画する際には、予め認可を受けたプログラムに参加するか、クルーズ船をチャーターして日程の認可を申請する事になります。又、入島時ガラパゴス入園料としてUS$100.00(2001年3月現在)を徴収されます。島々への上陸にはナチュラリスト(免許のあるガイド)に同行することが定められています。ガラパゴス諸島の上陸の際には、プログラムに参加すると必ず配布される「ガラパゴス諸島自然保護のためのルール」に記された内容を理解していただき、遵守していただくことになります

ガラパゴス観光とキト又はグアヤキルからのクスコ、マチュピチュ、チチカカ湖、ナスカへの観光も可能です。

サンタクルス島滞在型 日帰りダイビング

サンタクルス島に滞在し 1日2本ダイブ 残りの時間で島を探索することも可能です
初心者の方でもフロレアナ、セイモアは楽しくダイブが可能です
魚市場にいるアシカやペリカンは楽しく迎えてくれます

ゴードンロック ゴードンロック1 フロレアナ
ゴードンロック ハンマーヘッド ゴードンロック マンタ フロレアーナ アシカダイブ
プエルトアヨラ市場 ガラパゴス海イグアナ フロレアナ1
ゴードンロック ハンマーヘッド ゴードンロック マンタ フロレアーナ アシカダイブ

ガラパゴス プエルトアヨラ お勧めホテル

レット マングローブ ダイバーズ ロッジ
ガラパゴス レッドマングローブ1 ガラパゴス ダイバーロッジ部屋 レッドマングローブ チェーンのダイバー用リゾート部屋は広く、2部屋あるバルコニービューはベランダが広いためいろいろと乾燥させるのに便利です

no9の部屋はWbed roomとTWIN roomがありトリプル利用が可能です

レストランは無いので本店のレッドマングローブまで歩いて5分です

コンビニやメインロードにも近くて便利です

ガラパゴス レッド本店

レッドマングローブ 本店

レストラン前のバルコニーには朝食のときアシカがやってきて
勝手に椅子に座っています親子もやってくるときには授乳もしていてかわいいです


ペルーのマチュピチュ、クスコの観光との組み合わせ

マチュピチュの気候は4月後半から9月前半が乾季となり、雨が少なくなります。山歩きには乾季がベストと思われます
また ガラパゴスは6-12月が乾季となりますが、あまり観光には影響しません
水温は9月が一番低くなり 1月2月は暖かいいシーズンですが
 マチュピチュが雨季のため、両方ともよいのは 5.6.月となります。まだ水温があまり低くないので お勧めです

matupiccu cusco グアヤキル
マチュピチュ クスコ 標高3400m グアヤキル イグアナ公園
マチュピチュ観光 ガラパゴス2日間ダイブの最短日程

ペルーでのナスカ観光、チチカカ湖観光 ガラパゴス ダイブ日追加も可能です

  都市 交通 時間 内容 食事
1 各都市から成田へ
成田発−ダラスへ 乗継
ダラス-リマ
航空機 夕刻発
深夜着
成田発アメリカ乗継ペルーリマへ
着後 空港ホテルへご案内
 
2 午前 リマ-クスコ 航空機 朝発 午前着 空路リマ-クスコへ
着後 クスコ観光    夕食はディナーショー
夕食
3 クスコ
マチュピチュ
クスコ
バス
列車
06:40

19:30着
バスと列車にてマチュピチュへ
観光後  クスコへ戻ります
朝食
昼食
4 クスコ
リマ
グアヤキル
航空機 07:20

13:30
空路 クスコ-リマ乗継 
エクアドル グアヤキルへ  ホテルにて休息
朝食
5 グアヤキル
ガラパゴス
航空機 09:30
11:00
空路 グアヤキル-ガラパゴス
着後 サンタクルス島ハイランド観光
    チャールズダーウィン研究所
朝食
昼食
6 ガラパゴス     2ボートダイブ 朝食
ランチ
7 ガラパゴス     2ボートダイブ 朝食
ランチ
8 ガラパゴス
グアヤキル
グアヤキル発
航空機 09:30
13:00
23:30
空路 グアヤキルへ
半日観光   夕食
空港送迎  マイアミへ
朝食

夕食

9 マイアミ
アメリカ乗継
航空機 10:30 マイアミ乗継 アメリカ空港経由成田へ  
10 成田着  航空機 16:00    

ガラパゴス ダイブクルーズ

HUMBOLDT EXPLORER
2010/7月 新規就航開始のデラックスボート
全8室16名定員 すべてTWINROOM


サンプル日程
Overview Itinerary
Monday Flight to Galápagos / Island San Cristóbal  Lobos Island  Interpretation Center
Tuesday
Thursday
North Seymour Island (2 dives)
Friday Wolf and Darwin Islands (4 dives each day)
Saturday
Isabela Island - Cape Marshall (4 dives)
|Sunday Island Santiago - Cousins (2 dives)
Sullivan Bay / Bartolome (snorkeling)
Monday Island San Cristóbal - Galapaguera  flight back to mainland

 

humboldt boat.jpg (65100 バイト)

humboldtroom.jpg (33047 バイト)
GALAPAGOS SKY
かつてのスカイダンサーが内装 外装をあたらしくして ガラパゴススカイとして催行。コースガイドに定評があります。

サンプル日程
Overview Itinerary
Sunday Check In - Isla Lobos Check Out Dive
Monday Bartolome 1 dive.  PM: N. Seymour land visit. Cousins Rocks 1 dive
Tuesday
Thursday|
Wolf 4 dives  Darwin 4 dives
Friday Cabo Marshall. Punta Vicente Roca 1-2 dives
Saturday  AM: Isla Pinzon 1 dive.  PM: Highlands of Santa Cruz
Saturday   Interpretation Center visit. Departure

 

b_sky.jpg (175948 バイト)
DEEP BLUE
ディープブルー号はガラパゴスダイビングクルーズ船の中ではもっとも大きく9部屋16人のりとなっています。
オーナーがガラパゴス出身で家族がサンタクルス島で農園を経営しているため、食事はそこで取れる有機野菜となっているため新鮮で鳥や豚も農園で育てているため、おいしいと評判になっています。

NITROX対応

サンプル日程
Overview Itinerary
Monday Flight to Galápagos / Island San Cristóbal  Lobos Island  Interpretation Center
Tuesday North Seymour Island (2 dives)
Wednesday to Friday Wolf and Darwin Islands (4 dives each day)
Saturday Isabela Island - Cape Marshall (4 dives)
Sunday Island Santiago - Cousins (2 dives)
Sullivan Bay / Bartolome (snorkeling)
Monday Island San Cristóbal - Galapaguera  flight back to mainland

 

galadeepblue.jpg (18522 バイト)
AGGRESSOR

TとUがありどちらも14名定員となっています。
世界的にも有名なボートで設備は完璧です。

Overview Itinerary
Thursday: Island San Cristobal - Playa Ochoa
Friday: Island Mosquera / Island North Seymour
Saturday: Wolf & Darwin
Sunday: Wolf & Darwin
Monday: Wolf & Darwin
Tuesday: Island Santiago - Cousins Rock / Island Bartolome
Wednesday: Gordons Rock / Island South Plazas
Thursday: Island San Cristobal  return flight


galaaggressor.jpg (23471 バイト)
クルーズ代金以外に必要なもの

ボートの燃油サーチャージ
キト又はグアヤキルまでの往復航空券  キト−ガラパゴス TAME AIR航空券
キト又はグアヤキルでの宿泊 、送迎費 、

ガラパゴス入園料$100 、チャンバー費用 $35 レンタルギア
アルコール類、ジュース類チップ
キトやグアヤキルでの観光、クルーズ下船後のホテル(手配可能です)


成田からの航空券を含めたセットもしています。お問い合わせ下さい。(地方発着も可能です)